外国人歓迎!ウエディングを通して日本での観光をお手伝いします

服装の常識

服装の常識

父親

モーニングか黒紋付(正装)

母親

黒礼服か黒留袖(正装)

兄弟

既婚者は礼服、未婚者は揃いの背広かタキシード

姉妹

既婚者は礼服、未婚者は中振袖

仲人

独身でも仲人はモーニング化、黒紋付き、女性は、黒留袖

主賓

主賓はデレクターズスーツ、上着ダブルズボンはモーニングのコール、ベストは着用が正装です

乾杯

乾杯者は正装ダブル

友人男子

既婚者は礼服、未婚者は揃いの背広かタキシードです

友人女子

既婚者は礼服、無地か黒留袖、未婚者は中振袖か訪問着です

無地

既婚者の準礼装として慶弔両用です、親戚縁者も来ます

中振袖

未婚女性の正装です

訪問着

一般女性の晴れ着の最高です。未婚者は正装として神殿にも入ります
既婚者は盛装になり、宴会場のみに使用します

付下げ

戦前旧日本軍政府の昭和15年国民総贅沢禁止令の結果、考案された見かけだけの訪問着です
少し前までは、散歩着といいましたが、ちょっと見て分らないと思います

色留袖

色留袖は式服ではありません、披露宴用です
一般ゲストの方になら、美しく華やかでいいと思いますが、両親家族など神殿には着用しません
諸説ありますが、昔から男女とも芸人(落語家、漫才師、浪曲師、旅芸人、芸者、歌手など)の着るものでもありました

訪問着と付下げの違い

訪問着は、縫い目すべて柄が続きます
付下げは前から後身までです
前から見て、襟の縫い目に柄が続いているか、柄が続いていなければ付下げです

呉服とは

国の呉の国の服装です(呉服)

式と宴会

本は○○式とか、○○式典と名が付いたら式服です。宴会と名がついたら宴会服です。
多く問い合わせがありますが、皇居での園遊会にご招待でも、訪問着が正しい着物です。もちろん色留袖もOKです。
もし式典と宴会に両方出席の場合は、式服を優先します。

神殿(基本)

親族と仲人さん以外入りません

  1. 結婚式両家親族のみで粛々と行いました
  2. 披露式-開会の挨拶と両家の主賓そして乾杯まで
  3. 披露宴-二人は今日からは、ご主人様、奥様と呼ばれ、一家の主としての出発式であり、広く社会への宣言式です

お気軽にお問い合わせください TEL 052-212-8533 受付時間 9:30 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 日本deウエディング All Rights Reserved.