外国人歓迎!ウエディングを通して日本での観光をお手伝いします

宮参り

宮参り

宮参りは人生最初の儀式で最大の行事です、赤ちゃんの正装は初着です。

普通宮参りは、神社の参拝で終わる方がほとんどですが、本当は参拝から始まるのが宮参りです。
参拝後真っすぐ家に向かい、赤ちゃんを抱き縁側から上ります。縁側から上ると、何があっても、赤ちゃんとの縁が切れない儀式です。

 

縁側

縁側とは、縁を結び縁を切るところです。
産着と初着 (昔からの話です)今はほとんど病院ですが。

赤ちゃんが産れた直後はガーゼです。
数日後は麻の産着を着せます(すくすく伸びる祈りです)。
初着は儀式衣裳で「はつぎ」とも言います。

縁側は

  • 神仏様の通り道玄
  • 関はお客様の通り道
  • 勝手口は家族の通り道

ご住職様や、神主様も縁側から出入りをされます。

お宮参り

  • 男の子は31日目に初着を着て参拝します。
  • 女の子は32日目に初着を着て参拝します。

宮参りの方法

神社は住まいの近くか、氏神様か、村社に参拝します。

  • 御神酒一本(勢いある銘柄を)
  • スルメ一束 和紙につつみ、風呂敷に包み(けがれよけ)
  • のし袋入りお賽銭(内祝と書き、下は○○家或いは当主名、裏に金額はなし)
  • 入れるお金は一か三か五です(奇数)
  • 拝殿にて御神酒の封を切り
  • スルメの包みを解く
  • お賽銭をあげる
  • お祈り後、お供えの御神酒とスルメを手に自宅に向かいます。
  • 花嫁さんが縁側から出るのも、二度と戻らない意味がありました。

自宅では

  • 家の縁側から上がり、ご先祖様に報告します。
  • 持ち帰ったお神酒とスルメで乾杯し儀式は終わります。
  • 改めて本祝宴会場へ、お料理は質素でも正式な会席料理です(神様も一緒です)。
  • 赤ちゃんのための祝宴会です、大人になって知る家族の絆です。
  • 記念写真も赤ちゃんの必ず一生の宝物となるでしょう。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 052-212-8533 受付時間 9:30 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 日本deウエディング All Rights Reserved.